ひまわりと虹の空

40代ゲイのおっさんの日常

レディーボーデン

なぜだか急に食べたくなった。

昨日の夜から突然に。

 

普段ホームランバーばかり食べていた(ガリガリ君はあの食感が苦手だった)小学生だった僕にとって、高級アイスと言えばレディーボーデンで、たまに家の冷凍庫にコイツがあった時はちょっとテンションが上がったものだ。

 

そんなわけで、一晩経ってもレディーボーデン熱が冷めやらない僕は台風接近の前に買いに行くことにした。

が、近くのコンビニにはどこもレディーボーデンは売っていなかった。

もちろんスーパーカップクーリッシュといった100円アイス売場から隔離されたお高いアイスクリーム専用冷凍庫も確認したが、そこは当たり前のようにハーゲンダッツ軍の占領地となっていた。

 

だめだ。

売っていない事実を突きつけられるとますます食べたくなる。

しかたない、少し面倒だが車でスーパーまで行くか。

台風上陸前に買いものを済ませておこうと訪れる人で駐車場が混んでいることは容易に想像がついたが、この欲求はおさまりそうもない。

 

20分後。近所の相鉄ローゼンについた。40過ぎのおっさんが一目散にアイスクリーム売場目指して突き進むのは少し滑稽だが、もはやあの不自然に黄色いバニラアイスを口にするためらば、恥も外聞もなかった。

 

若干息を切らせ冷凍食品売場にたどり着いた僕は冷凍ケースの端から素早く視線を巡らせる。

ない。

そんな、バカな。

スーパーに無くしてどこに売っているというのか。

まさか廃盤か?

いや、噂ではハーゲンダッツよろしくアイスバータイプのものまで出ているはずだ。

どうする。ここからさらに30分かけてイトーヨーカドーまで行くか?だが帰り道も30分かけてしまえばいくら盛夏を過ぎたとはいえかなりゆるゆるで残念な状態になってしまう。

 

そうか、これは「適度に太ってる方が好きだヨ☆」という相方の言葉に甘え、通っていたスポーツクラブを解約し、1年余りで体重が67kgから80kgまで一気にぶくぶくと太ってしまった僕への罰なのか。

 

太るな、との神の意志ならば仕方がない。諦めて帰ろう。

入口で見つたずんだおはぎ2パックを買い物かごに放り込み、レジへと向かう。

そして再度冷凍食品売場に差し掛かった時だ。

視界の隅にこげ茶と白のあの懐かしいパッケージが飛び込んできた。

 

あ、あった・・?本当に・・?・・・あったぁ!!!

しかも特売で470ml入りが380円(税別)じゃないか!!安い!

 

そこから家に着くまではあまり覚えていない。

だが今冷凍庫にチョコレートを1パック、バニラを2パック入れたところだ。おそらく興奮しすぎて脳がショートしたのだろう。

 

さて。これから風呂に入る。出たら・・・食うぞ!レディーボーデン!!

f:id:B787-10:20180930135126j:plain

 

そういえば、今朝相方と電話した時に、「昨日はアイス我慢したんだ、偉いね」って褒められたんだった。ま・・・内緒にしておけばいいだろう。

(あと販売元が明治からロッテに変わっていてビックリした)。

 

 

 

 

 

 

相方君の誕生日

最近休日に外出することが多くてまたブログのインターバルが空いてしまいました(言い訳)。今日は久々にどこにも行かない三連休。というわけで先月の相方君(以後T)の誕生日について日記を書こうかなと思います。

 

今年の誕生日はTの希望でシルクドソレイユのキュリオスを見ることからスタートしました。前評判が高く、また自分は劇団の公演のようなものは殆ど見たことが無かったので、そういう意味でも楽しみでした。

ちなみにサーカスのようなものを勝手に想像していましたが、演劇とサーカスが合わさったような感じなんですね。音楽も含めてなかなか楽しめました。勢いでサウンドトラックを買ってしまいそうになるほどに(笑)。

あ、でも透明人間サーカス団のくだりは、「俺でもできるんじゃないかこれ・・・」と思ってしまいましたが。

 

f:id:B787-10:20180923161558j:plain

 

翌日は大阪から志摩スペイン村へ。

乗り物が大好きな自分としては、なんばから乗った観光特急しまかぜの時点で気分は最高でした。いやぁホント、列車旅は最高です。ビール飲みながら行けるしね。

 

f:id:B787-10:20180923163020j:plain

でも乗り物が好きといってもスペイン村で乗ったピレネーはビックリしました。たぶん回転するジェットコースターに乗るのは人生初。しかもそれがよりによってぶら下がりタイプで、かつ最前列でしたからね。降りたあとは足が震えてまっすぐ歩けませんでした。

Tはジェットコースターなどの絶叫系はまったくダメなんですが、この日は以前から自分に付き合ってくれると張り切ってくれていました。ピレネー入口にまったく人がいなかった時は「もしかしたら休止中なんじゃないの!?」って嬉しそうだったので胸が痛みましたが。(単に空いていただけ。)

 

f:id:B787-10:20180923162252j:plain

それにしてもスペイン村、土日だったのにもかかわらずそれほど混んでいないし、アトラクションも割と充実しているしでとてもいいところでしたよ。おすすめです。

あ、なんでかわかりませんが、Tは海賊船を見て爆笑してました。名前が面白かったらしいです。アルナ号っていうらしいですが。

 

翌日は自分がずっと行きたいと思っていた伊勢神宮へ。

こちらも人生初のお伊勢参りです。何百年も前からずっと聖域として人々から大切にされてきた場所です。言葉ではうまく言い表せませんが、ちょっと心が震えました。

またぜひ訪れたいです。もちろん赤福かき氷がまた食べたいというのもありますが。

f:id:B787-10:20180923163845j:plain

赤福かき氷と、赤福を食べました。

 

f:id:B787-10:20180923163909j:plain

なんとかき氷の中にも赤福が!普通の赤福とは餅が違うみたいですよ。

 

その日は伊勢神宮への参拝だけで切り上げて早めにホテルへ。

なぜかというと2人でスーパーファミコンでストツーをやりたかったから。

10歳年が離れていても、ストツーは二人とも知っていて、とても盛り上がりました。両方ともチュンリーばっかり使ってましたが(笑)。

今回の旅も本当に楽しかったなぁ。

 

ところで八月生まれの相方君の誕生日をお祝いをするのは今回で3回目です。付き合い始めて2年3か月。楽しいと時間は本当に早く流れてしまいますね。

自分は今年で41歳なのですが、これから先の時間を考えるともう少し早く出会えていたら、とついつい思ってしまうことがあります。

ですが、同時に10年前に知り合っていたら、自分の未熟さ故に本当に大切な人を失っていたかもしれないとなぁ、とも思うのです。(もちろん今も未熟ですが。)

自分は、少なくとも自分ではない第三者が設定した「運命」や「人が生まれてくる意味」などといったものがあるとは考えていません。

ですが自分の人生の意味を自分自身で意味付け(目標といっていいかもしれませんが)して満たされるなら、たとえそれが結果論の幻想であってもいいなと思っています。

何が言いたいかというと、僕は今、君のおかげで幸せです。

ありがとう、相方君。

f:id:B787-10:20180923164606j:plain

冬キャンプのテント選び

昨年カマボコテント2を購入して年越しキャンプで使用しました。
リビングスペースの広いツールームテントでとても使いがってが良く、
なかなか気に入ったのですが、冬のキャンプではちょっと物足りないな、と思う点もいくつかありました。

まずインナーテントが小さく(とはいっても普通のツールームとしては標準的ですが)、
ストーブの効いた暖かい空間で靴を脱ぎ、相方と膝枕でダラダラできない。
リビングスペースにシートを敷いてお座敷スタイルにすればいいのかもしれませんが、
ふもとっぱらは風が強く、スカートがついていても中に枯れ草が大量に入ってきてしまい、
ちょっと無理そう。

また、冬はダラダラしたあとそのままベッドへもぐりこみたいので、
やはりツールームではなくワンルームタイプがいい。
そんでもってエアベッドをシーツやメキシカンラグなんかで飾って
ちょっとしたグランピング気分を味わいたい。

あとこれは僕のせいかもしれないけど、ツールームテントはやはり設営に時間がかかる。
先日の年越しキャンプの際は全体が完成するまで3時間くらいかかった気がする。

まぁそんなわけで今11月のキャンプに向けて、新しいテントを物色中。
いろいろ考えた末、以下の2つに絞ったけれど、ここからがなかなか決まらない。

第1候補:ローベンス クロンダイク グランデ
ポリコットンで軽く、煙突ポートまで標準装備。通常サイズではちょっと小さいかな?
と思っていたところでっかいグランデが出て、これはちょうどいい!という感じ。
ただ難点は開口部があまりなく、夏は絶対使えなそう。
ま、虫が出る季節は相方も僕もキャンプしたくないでの今のところは大きな問題ではないけど。
あと第2候補よりちょっとだけお安い。

第2候補:キャンバスキャンプ シブレープロテック450
やっぱりサイドが全面メッシュになるのがかっこいい!
あと布が100%コットンで、売り文句では末永く使える一生ものだとか。
フロアの厚さは圧倒的みたいだし。
ただ重さはクロンダイクの2倍近いのかな。あと煙突ポートがないのと、
真っ白なコットン幕だから鳥の糞とか、ちょっと怖い。

うーん、迷うなぁ。
今のところクロンダイクに傾いてるけど、11月まではもう少し時間もあるし、
相方と相談して決めようと思ってます。
あー、早くキャンプしたいなぁ。

にしても今日、小田原某所のアウトドアショップのセールで売ってたノルディスクの
アルフェイム19.6、めっちゃ安かったなぁ。ちょっとぐらついてしまった。
フロア足したら10万超えちゃうけど。

さぁ相方君、どっちがいい!?

富士山と凧と相方と

年末年始は本当に天気に恵まれました。

もともと関東地方のこの季節は晴れやすいんだろうけど、キャンプにはとてもありがた

い。あと相方君はさすがの晴れ男。

 

100均で買った門松と受付で買った犬のマスコット付き鏡餅も映えます。

f:id:B787-10:20180805092557j:plain

 

そしてうん十年ぶりに凧揚げもやってみました。これもセリアで買った100円のですけどね。

f:id:B787-10:20180805092300j:plain

最初は全然揚げられなかったけど、ちょっと練習したらこの通り。景色も最高!

 

僕もやってみましたが、年甲斐もなく走り回ってしまいました。

今度はスポーツカイトとか、ドローンとかやってみたいなぁ。

 

そして夜は焚き火。

火を囲みながらコーヒーを飲んで、大切な人と一緒に語り合う、そんな夢が叶いました。

f:id:B787-10:20180805093022j:plain

今回は8か月前の記事なのでだいぶ端折ってしまいましたが、次のキャンプの記事はなるべく早く書きたいですね。ちなみに次回は11月。山梨へ行きます!

 

年越しキャンプのこと

気づけば前回ここを更新したのが11月ですか、恐ろしいことにそろそろ一年。

あ、キャンプはちゃんと行けました。そんでもってめちゃくちゃ楽しかった。

ブログが止まっていたのは単に僕の怠け癖です・・・。

でもこんなんじゃいけないので再開。とりあえず相当時間がたってますが、年末年始のキャンプについて少しずつ書いていこうと思います。

 

12月末。湯たんぽやら冬用シュラフ、石油ストーブ等、冬キャンプ用装備は万全。

ついにあこがれのふもとっぱらキャンプ場にやってきた。

相当有名なので説明はいらないとは思うけど、富士山の裾野に広がるフリーサイト。もうほんと、広くて気持ちいい。

 

この日は雲一つない晴天。富士山もくっきりばっちり。いやーテンションあがるなぁ。

テンション上がりすぎてテントの入口を富士山と反対側に設置したりして設営終わらせるのに2時間位かかったけど。

f:id:B787-10:20180728162047j:plain

設営のせいで相方の指は泥だらけ。もしかしたら泥じゃなくて鹿のフンかもしれない。

 

2時間かかってへとへとになったせいでこの日はイオンで買った出来合いの総菜を晩飯にして終了。やっぱ張り切り過ぎはダメだなぁ。

夜はひたすら寒く、たぶん-10℃近くまで下がったんじゃないかと思う。ただ前回の記事で書いたコールマンのマミー型寝袋、あれは暖かいから全然へっちゃら!!

・・・と思ったんだけど、僕も相方も2人して「無理!」「拘束感が半端ない!」「怖い!」という感じで結局ジッパー全開、まるでアジのひらき、のようなマミー型シュラフのひらきを掛布団のようにして寝ました。まぁそれでもちゃんと寝れました、湯たんぽとニトリのNウォーム様様。

 

f:id:B787-10:20180728163148j:plain

エアベッドにニトリのNウォーム毛布を敷き、その上にシュラフ、さらにNウォーム毛布を掛けて万全の体制。

 

f:id:B787-10:20180728163413j:plain

テント内はストーブのお陰でそれほど寒くない。

 

つづく。

ちなみに将来的には同じゲイの人たちと交流を深め、一緒にキャンプにいけたらいいななんて思ってます。焚き火を囲みながらちびちびと語り合うなんて、いいなぁ!

 

年越しキャンプ 準備編⓵

はっ、すっかり更新しておりませんでした。

いや、忘れていたわけではないのですが、いつもブログを書いていた帰りの通勤電車内で最近はamazonプライムビデオのドクターXを見ていて、書けていませんでした。

 

それで、年越しキャンプです。

前回の記事が夏のキャンプについてでしたから、ほんと、我ながら遅筆ですね。

夏は暑さ回避の目的で清里のキャンプ場をチョイスしたんですが、冬は攻めます。

キャンプ初めて3回目で真冬のふもとっぱらキャンプ場に行くことになりました。

本当は電源のある朝霧ジャンボリーが良かったのかもしれませんが、年末年始の電源サイトは既に予約でいっぱいでした。

けどふもとっぱらには前々から行きたかったし、初日の出を遮るもののない草原で富士山と共に拝めるのは非常に楽しみです。

 

そんなわけで、ちょろちょろと冬キャンプ用の道具を集め始めました。

今回購入したのはコレ。

f:id:B787-10:20171111174327j:plain

-15℃まで耐えられるというマミー型の寝袋です。

色がこの赤しかないのがちょっと残念ですが、暖かそうです。お値段もリーズナブルですしね。

 

そんなわけで、年末年始のふもとっぱら、カマボコテントに男二人でじゃれあっているのが居たら自分たちかもしれませんので、暖かく見守ってくださいね(笑)。

次回はニトリのNウォームについて書こうと思います。

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

清里キャンプ⓷

清里キャンプ最終日。

撤収のこの日はありがたいことに朝から夏らしい良い天気です。

チェックアウトは11時なので、ホットサンドの朝食をすませてすぐに片づけ開始です。

 

前回の淡路島キャンプではテントもレンタルだし、食事もコンビニや外食で済ませたため、はっきり言って楽ちんでした。比べて今回はキャンプグッズもだいぶ揃い、食事もきちんと作っていたので結構時間がかかり、天候のこともあり汗だくになりました。でも、これはこれで楽しいですね。

そんなこんなで外の片づけがひと段落したので、テント内を片づけてくれていた相方君の様子を見にいくことに。

 

「おーい、大丈夫?暑くて疲れたろう、終わりそうかな?」

 

なんて中をのぞいてみると・・・。

 

f:id:B787-10:20171014165559j:plain

 

「!!ちゃうねんち(以下略)」

なんか一部片づけ始めより凝ったレイアウトになってる!しかも綺麗!(笑)。

相方君は記念に写真撮影していました。

思えば本格的なキャンプは初めてということで時間の余裕もなく、二人でテントサイトをじっくり写真を撮ったりできていませんでした。

実は相方君はこの日の為に色々とテントを飾るグッズをそろえ、デザインを考えてくれていたんです。

バタバタしていたとはいえ、そんな相方君の気持ちを想うと申し訳なくなってしまいました。

次は二人でちゃんとテントサイトを綺麗に飾ろう。そして一緒にたくさん写真を撮ろうな。

 

f:id:B787-10:20171014165640j:plain

↑相方君が生地から選んで自作してくれたガーランド。二つとも相方君撮影。

 

途中綺麗なひまわり畑を見つけ、引き返して写真を撮りました。相方君みたいな元気なひまわりでした。

f:id:B787-10:20171014165831j:plain

色々大変だったけど、相方君と一緒に心に残る時間を作れました。

また行こうな、キャンプ!!

 

f:id:B787-10:20171014170510j:plain

昼に山梨名物ほうとうを食べる相方君。

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村